いま注目の「IoT」

様々な場面で活躍するIoTエンジニア

人気情報

  • 「モノのインターネット」
  • ウェアラブル端末を空港で
  • 自動車への導入で安全な交通社会へ
IoTエンジニアとして活躍しよう

IoTエンジニアとして活躍しよう

近年、IoTを取り入れる産業は急速に増えていて、開発分野への投資額はさらに多くなることが見込まれているため、これから新しいことを始めるならIoT開発をやりたいと考えるエンジニアも多くなっていくことでしょう。IoTエンジニアとして活躍するためには、従来のITエンジニアとしての知識と技術を持ちつつ、IoT独特の概念と現場で求められている姿勢などの理解が欠かせません。では、今IoTエンジニアに求められているのはどのようなことなのでしょうか。

IoTエンジニアとして活躍しようの記事一覧

  • 多様化する利用企業の産業分野

    多様化する利用企業の産業分野

    IoTが本格的に実用されはじめてからというもの、様々な産業で一気に普及が進んだ背景にはいくつかの要因が考えられます。実際、幅広い産業がIoTの導入を促進しており、投資額で見ると1兆円前後という産業もいくつかあります。まだIoTの歴史は浅い段階なので、今後はさらに多くの産業がIoTに多額の投資をすることが見込まれており、企業間の競争において重要なカギを握るツールとなっていくことが予想されています。

  • 企業が欲するのは「ジェネラリスト」

    企業が欲するのは「ジェネラリスト」

    企業がIoTを導入して新しいサービスを開発するのであれば、できるだけ専門性の高いエンジニアを必要としそうなものですが、現段階ではそのような「スペシャリスト」よりも、一般的な分野を扱っている「ジェネラリスト」の需要の方が圧倒的に多いのが実情です。世界的に見ても急速にIoTが普及しているような状況下で、なぜそのような現象が起こっているのでしょうか。理由として考えられるいくつかの要因について考えてみましょう。

  • 今求められるのは「Python」「Java」

    今求められるのは「Python」「Java」

    IoT開発をスタートさせる企業が次々と増えていくのに伴って、それに対応するエンジニアの募集も増えています。今の段階でIoT開発に必要とされるのはIoTに関する専門性ではなく、それぞれ別の専門分野を持つエンジニアのチームです。IoTに関係する仕事の募集で多いプログラミング言語はJavaとPythonです。IoTはひとつの分野に特化した専門家を求めているので、自分の得意な言語から求人を探すとやりたい仕事を見つけやすいでしょう。

  • IoTの現場で必要なスキル

    IoTの現場で必要なスキル

    IoTを実現するためには幅広いスキルを活用しなければならないので、1人のエンジニアの力では形になりません。そのため、これまでそれぞれの専門性に特化した仕事をしてきたエンジニアが今後IoTの分野で活躍したいと考えているならば、自分の持つ特性を活かすことだけでなく他のエンジニアの特性も理解し、協力して仕事をする必要があります。そこで、IoT開発に必要とされるスキルについてご紹介してくので、現場のエンジニアの在り方について考えるための参考にしてください。

エンジニアのみなさんに人気のある記事

「モノのインターネット」 「モノのインターネット」
医療機器への導入で健康状態を把握 医療機器への導入で健康状態を把握
IoTの現場で必要なスキル IoTの現場で必要なスキル

TOP