いま注目の「IoT」

IoTエンジニアとして活躍するなら「Python」と「Java」

人気情報

  • 「モノのインターネット」
  • ウェアラブル端末を空港で
  • 自動車への導入で安全な交通社会へ

今求められるのは「Python」「Java」

Pocket

普及によりエンジニアが受ける影響

IoTがいよいよ本格的な普及に進み出すと、エンジニアの市場にもすぐにその影響が現れはじめます。しかし、IoTの分野に特化したエンジニアの数はとても少ないのが現状で、現場ではIoTに必要となる組み込み系やWeb開発系の知識と技術を持ったエンジニアが、チームを組んで開発を進めているというのが主流です。そのため、IoT専門のエンジニアというよりは、IoT開発に必要なスキルを持ったエンジニアが今とても必要とされています。また、エンジニアとしてのスキルだけでなく、他のジャンルのエンジニアと一緒にひとつのものを作り上げていくことができるコミュニケーションスキルやマネジメントスキルも求められるという点が、他の開発案件とは異なるIoT開発独特の条件かもしれません。
今後はIoT開発の勢いがさらに増していくことは間違いないので、エンジニア市場における人材の獲得競争はさらに激化すると予想されています。では、これからIoTの分野で活躍したいと考えているエンジニアに必要とされるプログラミング言語にはどのようなものがあるでしょうか。

IoT開発ならJavaとPythonが主流

IoT関連の求人で多いのがJavaとPythonです。Javaはプログラミング言語の中でも定番の言語で、様々な開発案件で使用されています。Javaはセキュリティ面も強く、ネットワーク環境にとても適した言語なので、様々なハードに対応できる可能性があるという点でIoT開発にも使用されています。Pythonは、IoTと同様に近年注目の人工知能の開発によく使用されているプログラミング言語です。Google社が採用している言語としても有名で、機械学習を得意とする機能性の高い言語です。Pythonを扱うことができるエンジニアの数もまだ少なく、現在1番単価が高いとも言われています。IoTの仕事を探すなら、自分の得意とする言語から求人を探すことができるので、それぞれの言語におすすめの求人サイトをご紹介します。

Python分野なら「Python転職ナビ」

PythonからIoTの仕事を探すなら、Pythonの分野に特化した「Python転職ナビ」がおすすめです。このサイトで扱われている求人は全てPythonに関係するものばかりなので、目的を絞って転職先を探すのにとても便利です。担当のコンサルタントもPython分野の市場の動向に詳しいので、様々な情報を入手することができます。
↓Python転職ナビから。

Python分野に特化することで、専門求人案件を幅広くカバーしているので希少な求人案件もご紹介することができます。

http://python-job.com/
Python転職ナビでは、転職の相談から企業との交渉まで様々なことを任せることができるので、転職活動の強い味方になります。
http://python-job.com/

Javaの案件なら「レバテックフリーランス」

Javaの開発案件を探すなら、フリーランス専門エージェント大手の「レバテックフリーランス」がおすすめです。ITエンジニア専門の案件ばかりを扱っているエージェントですが、非公開のものも含めて数多くのJava案件を保有しています。
↓レバテックフリーランスから。

レバテックフリーランスは、間に他社を挟まず、参画先企業と直接取引をすることによりマージンを低く押さえられ、かつ、これまでのマッチング実績により企業からの信頼が厚く、高い発注金額で案件を獲得できています。

https://freelance.levtech.jp/project/skill-3/
レバテックフリーランスにIoT関係の仕事でJavaを扱う案件について相談すれば、希望に合った案件を見つけ出して紹介してくれます。
https://freelance.levtech.jp/project/skill-3/

エンジニアのみなさんに人気のある記事

「モノのインターネット」 「モノのインターネット」
医療機器への導入で健康状態を把握 医療機器への導入で健康状態を把握
IoTの現場で必要なスキル IoTの現場で必要なスキル

TOP