いま注目の「IoT」

IoTエンジニアとして活躍するために必要なスキル

人気情報

  • 「モノのインターネット」
  • ウェアラブル端末を空港で
  • 自動車への導入で安全な交通社会へ

IoTの現場で必要なスキル

Pocket

IoTの現場で活躍するためには

IoTを形にするためには様々なスキルが必要になるので、あらゆる技術力を持ったフルスタックエンジニアが理想の人材ですが、実際にIoT開発の現場で活躍しているのは各分野のエンジニアが集まったチームなので、ある分野に特化したスキルがあれば十分に目指すことができる仕事です。しかし、自分の専門外の分野における知識も情報として取り入れておくことによって、チームでの協力関係をさらに強くすることができるようになります。そこで、IoTを実現するために必要とされる5つのスキルについてご紹介します。

IoTに取り組むエンジニアに必要な5つのスキル

まず1つ目は、「デバイス」に関するスキルです。IoTは、何らかの「モノ」に通信機能を持たせることなので、デバイスについての知識の中でも、アナログからデジダルに変換するセンサーや、センサーの設置方法など、センサーに関する知識については一通り理解しておきたい部分です。
2つ目は、「組み込み開発系」のスキルです。モノとインターネットをつなぐという概念を持つIoTにとって、組み込み開発系のスキルは「モノ」に命を吹き込む役割のようなものです。
3つ目は「データ処理の分担」についての方法を見つけ出すスキルです。大量に集まったデータの処理方法は、データの種類などによって担う場所を変える必要がありますが、それをどうするかを考えるためには、いくつもあるデータ処理方法に関する知識を持っていて、それを使い分けられるだけのスキルが必要になります。
4つ目は、「環境条件の把握評価」に関するスキルです。デバイスやクラウド、ネットワーク上でシステムが正しく作動はしても、接続状況が安定しなければ機能を十分に果たせているとは決して言えません。その問題を解決するためには、問題が生じてしまう環境要因をしっかりと把握する必要があります。このスキルは頭で考えるだけの知識だけでなく、様々な経験などからも身につくスキルですが、この分野を十分にカバーできるエンジニアはそれほど多くないかもしれません。
最後の5つ目は、「自他のアイデアを受け入れてトライし続ける」というスキルです。これはスキルというよりもマインドの部分ですが、現代のITの開発現場に求められているスピード感を実現させていくためには、失敗したらすぐ次のアイデアに切り替えてトライするというテンポ感と、思考停止に陥らずに新しいことを提案し続ける発想力、他の人のアイデアを柔軟に受け入れて、チームとして協力して積極的に開発を前へ進めるという精神などがとても重要です。スキルが高いエンジニアをいくら集めても、この5つ目のスキルがないとチームとして1つのものを作り上げることはできません。
IoTの分野で今後活躍したいと考えているエンジニアであれば、以上の5つの点を心に留めて仕事に取り組むようにしましょう。

エンジニアのみなさんに人気のある記事

「モノのインターネット」 「モノのインターネット」
医療機器への導入で健康状態を把握 医療機器への導入で健康状態を把握
IoTの現場で必要なスキル IoTの現場で必要なスキル

TOP