いま注目の「IoT」

IoTの活用事例!「快適な家づくり」

人気情報

  • 「モノのインターネット」
  • ウェアラブル端末を空港で
  • 自動車への導入で安全な交通社会へ

家庭への導入で快適な暮らしを実現

Pocket

進みつつあるIoTの家庭への導入

今では医療や介護、物流などあらゆる業界において当たり前となったIoTの導入。企業や事業所のように大規模なところでのIoT活用が実用化されています。たとえば医療業界で言えば、スマートウォッチやリストバンドといったウエアラブルデバイスを通して生体データを管理したり、製造業の場合は監視センサーで機器の異常を検知したり、物流業界にいたっては倉庫作業や配送作業のIoT化に加え、ドローンでの輸送も実現に向けて走り出しています。こうして見ると、壮大なスケールの中での話のように感じますが、実は私達の身近なところでもどんどんIoT化が進められているのです。住居が良い例で、IoTやAIといった最新のテクノロジーを駆使して生活の利便性を実現させた住居、いわゆる「スマートハウス」が注目を集めています。これは、住居自体がインターネットと繋がっているという感覚に等しく、スマートハウスはまさに今の時代を反映させたものだと言えるでしょう。そのスマートハウスが実現させたものとして、音声やスマートフォンでの家電の制御や、家電動作の自動化、セキュリティーの向上などが挙げられます。つまり、住居の設備や家電をコントロールすることで、省エネや蓄エネ、創エネの最適化を図れるのです。具体的には、電気やガスのエネルギー使用量を可視化し自動制御したり、外出中にスマートフォンを通して遠隔でエアコンや洗濯機を操作したり、スマートハウス化することでエコに過ごせる仕組みとなっています。今後も拡大することが予想されるスマートハウス市場を鑑みると、IoTエンジニアへの期待もさらに高まることでしょう。

家庭におけるIoTの活用事例

住宅自体にエネルギーの最適化を図ったシステムが整備されているスマートハウスは、エコに過ごすにはかなり魅力的だと言えるでしょう。それと似たようなものに「スマートホーム」があります。スマートホームは、インターネットに接続可能なIoTデバイスによって家電などを操作するというものです。たとえば、AIスピーカーの場合だと、話しかけるだけで音楽を流したり、部屋の照明を消したりすることができます。また、室内の空気の汚れ具合いを見える化し、スマートフォンの画面で確認できる空気洗浄機も、IoTを駆使したデバイスの1つです。中には、スマートフォンの災害速報と連動したIoTデバイスも開発されており、少し揺れが大きい地震を感知すると自動的にLEDライトが点灯する仕組みとなっています。こうした便利さを実現させてくれるスマートホームへと自宅をアップデートさせようとする人が増加しているのが現状です。それに伴い、IT業界ではIoTエンジニアの需要が高まり、新たな開発にも注目が集まっています。

エンジニアのみなさんに人気のある記事

「モノのインターネット」 「モノのインターネット」
医療機器への導入で健康状態を把握 医療機器への導入で健康状態を把握
IoTの現場で必要なスキル IoTの現場で必要なスキル

TOP